FC2ブログ
「先輩と私」 女の子に生まれ変わっても女の子が好き
「レズビアン」に憧れる目線での、レズAVレビューとコラム
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
監督の好み




 井坂朋泰監督のレズファンの評価は非常に高いようですが、私には合っていないように思います。

 確かに映像、ロケーションは美しいですし、ドラマもしっかりしていますが、そこはAVを観ているわけですから私が求めるのは別です。

 撮影手法は、引き中心で、アップで寄っていくことが少なく、なにか、第三者として、ちょっと距離を置いて絡みを眺めているといった撮り方であり、
 出演者の息づかいまで感じ取りたい私にとっては、不満が残るようです。
 まるで、その中に自分も入り込んでいるような感覚。といった映像ではないようですし。

 身体を寄せ合って、体中で相手の肌触りを感じ取ってほしいのですが、そういうシーンはあまりないようです。
 あっても、そこは接写で撮って欲しいんですけどね。
 下腹部の責めの多さも気になりました。そこに至る絡みが短い気がします。

 井坂監督は私の好きな乳首責めやおっぱい舐め、こすり合わせもそれほど重視されていないように思います。

 お○○ここすり合わせも意識的に避けられているんでしょうか?

 モザイクが薄ければ良いのですが、今多くが規制を恐れ、濃い傾向にありますから、ストレスをすごく感じるんですよね。
 薄ければ、土手のお肉の動きの様子を見ることも出来、気持ち良さも感じ、伝わってきます。

 私はモザイクが濃いのならば、下腹部描写は必要ないと思うくらいです。
 ですから、その描写が多いとどうしても不満が出てきますし、気持ち良さも伝わって来づらい。

  出演者が最高。浅田結梨さんは今AV界で一番かわいい子ではないかと思うんですが、それだけにこの作品は惜しく、今のところ、レズ作品は井坂監督作品のみというのが残念です。
 
 浅田結梨さんの他監督作品も観たいですね。

 決してこの作品、井坂監督を批判しているのではなく、私の趣向に合わないと思うだけなので(^_^;

 美少女同士のこの二人のレズ作品は貴重ですし、二人ともメジャーアイドルクラスのかわいい子同士ですので、私のようなこだわりのない方にはおすすめです。
やっぱり女の子同士が良い
JK姉妹と先輩のトライアングルLOVE3PレズJK姉妹と先輩のトライアングルLOVE3Pレズ

 この作品は絶対お薦めです。密着度も高く、カメラワークも接写が多く、息づかいが感じられるものですので。
 一番の見所は、DMMのレビューのもあるように激しく腰を動かし、貪欲に快楽を貪るかのようにフィニッシュを迎えようとする絡みですね。

 モザイクは少々濃いめですが、ストレスになるほどでは無いと感じました。

 出演者の三人は非常にカワイイですね。宮崎あやさんは初めて見た時は「えっ!こんなカワイイ子が!!」と衝撃を受けましたね。
 絢森いちかさんはある、メジャーアイドルの子に似ていると思います。逢沢るるさんはこの中で一番大人っぽいですが、カワイイですね。

 そして、宮崎さん、絢森さんはパイパン、逢沢さんも毛は薄めです。
 みんな、身体もきれいですね。宮崎さん、絢森さんは色白で乳首もピンクですし。逢沢さんはこの中で一番バストは大きく、形が良いですね。
 この中では個人的に、こりっとした、堅めの乳首の絢森さんのおっぱいが好みですね。

 
 この作品を見ていたら、絶対男とのSEXよりも女の子同士の方が気持ちいいだろうという事を確信しました。

 宮崎さんはレズ作品も多いので、貫禄も感じられます。
 
 宮崎あやさんはレズ作品において上原亜衣さんの後継に相応しいんではないかと思います。
ルックスも上原さん系だと思いますし。上原さんよりはロリ度は高めですが。
 
 個人的に、上原さんのずるずるとすするような音を立てての舐めが苦手でしたが、宮崎さんにはストレスを感じる部分はありませんので、何作品でもレズ作品を見たいと思う女優さんです。
 。
 宮崎さんのレズデビューは上原亜衣さんが相手でした。
その時は演技的に??でしたが、かなり感情表現も上手くなりましたね。
挑発するような表現も秀逸でした。思わず、にやりとしてしまいました。

 ちょっと苦手だという人の多い、3Pでありがちな三角クンニはありません。
 
 レズの三角関係のストーリーにありがちな、殺伐とした展開ではありませんし、さわやかにハッピーエンドに終わりますので、その点でもお薦めです。
今年最高の女子校生レズ作品でた!!ヘ(^o^)/
やっぱり、君が好き 美少女・微熱レズビアン ~第6章・私のカノジョ~ 宮地由梨香 立花くるみ


まず、なんと言っても「女の子がカワイイ\(^_^)/」これにつきますね。

アイドルグループのAKB48の「ヘビーローテーション」のミュージックビデオ(MV)やSKE48の「片想いFinally」のMVで女の子同士のキスを見せ、味覚糖「ぷっちょ」のCMで口移しを見せ、「百合萌え男子」に向けてのアピールをしていました。それには、なんだかあざとらしさを感じて、「百合萌え男子」?(^_^;の私ですらあまり興味を引かなかったんですよね。

 しかし、それをも隅に追いやってしまうほど、それらのアイドルグループにいてもおかしくないほどの二人、いや、むしろそのメンバーたちよりもルックスレベルは上ではないかと思えるほどの二人の登場です。

 宮地由梨香さん 立花くるみさん。

 メイクは限りなく素に近いナチュラル、しかも、耳へのピアス跡すら無い、ほぼ私好みの「清楚系リアル女子校生」といってもいいお二人です。

 そんなAVに出ることすら信じられないような二人がレズビアンエッチを見せてくれるのですから、夢のような作品です。

 それほど激しい絡みではなく、私が作品に求める、接写を多用した、臨場感においては満足と言えるものではありませんが、絡みからも、二人の「好き」という感はよく出ていますし、一つの絡みから次のプレイに移りながらもキスはしたままというシーンがあることからも、少々の不満点も凌駕出来るほどの作品であります。

 私の思う、今年最高の美少女同士の組み合わせ。「清楚系アイドル的美少女レズ」を見たい方には是非お薦めですヘ(^o^)/

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.