FC2ブログ
「先輩と私」 女の子に生まれ変わっても女の子が好き
「レズビアン」に憧れる目線での、レズAVレビューとコラム
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が道具使用を嫌う理由
 私がレズ作品に道具を使って欲しくない理由は一言、

 「愛情が感じられない」

 私がレズ作品に求めるものは見た目のエロさはもちろんですが、レズビアンの関係である二人の間に「愛情がある」ことが大前提なんです。
 ヘタでも一生懸命自らの手、指、唇、舌を使って愛撫すれば相手を気持ちよくさせたいという感情(すなわち、それが相手に対する愛情)が伝わってきます。道具を使うということは自らの手によっては気持ちよくさせる自信がないのでそれに頼っているのだと感じられる、あるいは手間を惜しんでいるようにも思えてしまいます。

 そもそも、レズのそれに限らず、SEXというものは肉体と肉体との絡み合いであるはずです。本来のSEXは子孫繁栄のために生物に必然的に備わったもので、その必然的な行為には苦痛があるがために行為に至らないのでは困るので快楽というものが与えられたのでしょう。
 そこには肉体以外のものは介在する必要はないはずです。

 突飛な表現かもしれませんが、レズのSEXはプロレスに例えられると思います。
 肉体と肉体のぶつかり合い、ワザと技の応酬(テクニック合戦)によって観客は酔いしれるのです。
 肉体以外のものを使っての試合は本来望まれてはいないでしょう。何を使っても良いという特別ルールのデスマッチ等は別として。
 ここで言うワザとは「性感帯」をどう攻めるかです。女性は全身が性感帯と言われています。極端な話、男性はそれぞれ個々人固有の性感帯というものはあるでしょうが、ほぼ、男性器が全てといっても良いでしょう。
 女性の場合(じつは男性もでしょうが)、女性器のみならず、オッパイ、乳首、耳、首筋、背中からつま先まで、気持ちよくなれる部分が多くあり、そこを攻めることによって快楽を与えることが出来るでしょう。
 ですから、攻めのバリエーションは豊富にあり、道具を使用しなくとも、人に備わっている手、指、唇、舌でも充分に満たすことが出来るはずです。
 そしてまた、 「女性同士の肉体の絡み合い」こそがレズならではのやらしさ、美しさであると思うのです。

 先ほど、レズのSEXはプロレスに例えました。
 私には道具を使うということはプロレスに関心のある方々ならばお解りいただけるとは思いますが、まるで、 アメリカプロレスの世界チャンピオンが、フォール負け、ギブアップ負け以外ではタイトルの移動はないというルールの下で、試合中八方ふさがりとなり、反則ではないですが、自らリングアウト負けを選んでタイトル防衛したのに似ているような感じがします。
 道具を使用しなくとも、人の持つ身体部分を使って相手を快楽に導くことが出来るのに道具に頼ってしまうということは「自ら放棄、逃げた」とも考えられると思うのです。

 ただ、私も、道具を使うことに全面否定というわけではなく、使い方によっては許せる場合もあります。
 基本、電マ、ローター、バイブ、巨大ディルドーを使った場合、絡み合う双方の身体が離れてしまうことがほとんどです。私がレズSEXに視覚的に最も求めるものは「密着感」です。
 双頭バイブ、ローター、バイブをあくまでも快楽に導く補助的役割として使うならば、例として、お互いにローターを相手の性器にあてがい、または、双頭バイブを挿入し、ギュッと抱き合ってキス、身体を擦りつける等の行為をすることには異論を挟む余地はありません。
 私がそれで興奮した作品にFAプロの「誘惑されて脅迫されて・・・女教師と教え子の同性愛同棲」という作品があります。
 レズの関係にある二人の先生が素っ裸になり、双頭バイブを椅子の脚に固定し、向かい合って双頭を二人で挿入し、そしてギュッと抱きしめながら腰を激しく振って果てるというシーンでした。


 レズの基本は「指」でしょう。
 昭和の偉大な小説家の一人、松本清張氏の作品に「指」という作品があります。過去幾度となくテレビドラマ化され、記憶に新しいところでは先頃エイベックスに移籍した後藤真希さんが主役で放映され、DVDでも出ました。
 この作品は幼い頃貧しく育った少女が若手人気女優にのし上がるため、レズの関係を利用して自分を同姓として愛してくれた女性を死に至らしめるまでに翻弄して、結果、自ら墜ちていくという話です。
 話はそれますが、この松本清張氏は実際にあった昭和の疑惑事件を題材に小説という形を使って問題提起した作品、「日本の黒い霧」「小説帝銀事件」などを書かれています。
 こういった自らの調査を下にした作品を書かれた方ですから「指」という題名はレズビアンに深く関わりのあるキーワードであると考え、綿密な調査を下に付けられたと考えられ、レズビアンにとって要(かなめ)となるものなのでしょう。
 本物のレズの方は指の爪は短く切っておられるということであり、とくに、他の爪は伸ばしていても人差し指と中指だけは短く切っているそうです。

 このことからも「指」はレズビアンにとって重要なものであり、それを充分に使って愛撫することがレズビアンのSEXの基本なのでしょう。
 また、以前に見たレズAV作品の中で、「レズのタチ女性は道具を使って相手をイカせることはプライドが許さない」というお話も聞いたことがあります。

 私は道具否定でここまで持論を続けてきましたが、矛楯するかもしれませんが、道具を使う作品まで全否定するつもりはありません。
 またまたプロレスに例えて恐縮ですが、結構前のことで覚えておられない方もおられるでしょうが、FMWという現参議院議員の大仁田厚さんが旗揚げした凶器何でもありのデスマッチをメインにした団体がありました。
 今回話題とされているところのレズ作品に関していえば、この団体にあたるのが「CROSS」や、「アンナと花子」であると言えるでしょう。ここは道具使用、特に巨大ディルドーが多く使用されているメーカーですが、これはこれで支持しておられる方も多くおられ、それが、CROSSとコンセプトがほとんど変わらないアンナと花子の発足につながるほどニーズも多いのでしょうから、こういったメーカーがあっても良いと思います。興味なければ見なくても良いのですから。

 しかし、今回私が問題としているところは「先輩と私」という道具の必要性が感じられない、前回記事でも述べました「女子校生ものに道具はそぐわない」シリーズに道具が出てくるということは少なくとも私にとってはショックな出来事でした。
 たしかに、初期の「先輩と私」にも道具使用はありました。しかし、当時は女子校生レズものが少なかったこと、それまでに他社で出ていた女子校生レズ作品には普通にバイブやローターが出ていたのでそれほど違和感、嫌悪感はなかったこと、そして、何よりも出演者が無名で、「もしかして本当のレズビアンではないか」というリアリティを醸し出すほどの本気度の高い絡みによって道具使用も凌駕していたのです。
 
 いまや今回の出演者の方の出演履歴もわかり、出演作もレズ作品だけでないことは判ります。レズに特に思い入れがある、特別「レズが大好き」な方ではないでしょう。
 ですから道具使用というだけで否定してきたような私ですが、今回の「先輩と私」も道具使用も気にならないほどの絡み、筋を展開していただけている作品であることを熱望します。
 もし、やっぱり道具使用しなければ成立しなかったのかという作品であればその時には改めて私の考えを整理したいと思っています。
コメント
この記事へのコメント
お邪魔します。m(o_ _)m

私が、初めてレズビデオを観たのは高校生のときでしたが、やたら舌出しの激しい唾液ダラダラなレズキスが横行している時代で、ドラえもんのポケットのように次から次へとお道具の類が出てくるのが主流のときでした。(よく見かけたのは、赤くて硬そうなボクサーとか呼ばれる双頭バイブ?)

「レズの人って、みんな、こんなエッチしてるの・・・?」

当時付き合っていた彼女としていたエッチと、まるで違っていたので、えらい衝撃を受けたのを覚えています。今の子たちは、どうなのか分からないけど、私たちの時代は(・・・と言っても、そんなに大昔じゃないけど。笑)、ローターとかバイブとかを手に入れられる手段がなかったんですよね。だから、女子校生もので、ローターとかバイブとか使われると、物凄く違和感を感じる。学校にバイブとか電マとか持ち込むのとかもフツーに考えて、女の子がそんなことするはずないし、AVの世界って、そういう当たり前のことが分かってない気がする。まあ、それが、AVなのでしょうけど。(ニガ
そういえば、中学の頃に、猫の手形の小さいおもちゃのマッサージ器が売ってて、肉球の部分が振動するようになっているんですけど、それを使ってオナったことあったなぁ。(振動弱いし、ビービーうるさいし、あんまり・・・なシロモノなんですけどね。元々、アダルトグッズじゃないし。笑。)

その頃の影響か分からないけど、レズビデオは、レズビアンのセックスを映しているんじゃなく、AV女優と呼ばれる人が、男性とのセックスの真似事を女を相手に絡んでいるだけのもの・・・という認識をしていました。
その後、三上さんの作品と出逢って、中にはビアンのような考えを持ったセックスが出来る女優さんがいるんだというのを知って、レズAVに対するイメージもだいぶ変わりましたが・・・。

私は、女優さんは最初からストレート同士と思って見ています。そんな女の子たちが、レズプレイをして楽しんでいる姿や気持ちよくなっている姿をみて、興奮することがあります。これは、ビアン特有の男性とは違う目線なのかなとも思ったり。

道具プレイに関しては、レズモノに限らずのことですよね・・・。男女モノでもローターとかバイブとか電マとかよく見る気がします。とりあえずお茶を濁すみたいなAVメーカーさんの手抜きなのかなとか思ったり。せっかくレズをしたんだったら、男女ものと同じことなんてさせないで、レズプレイにしか出来ないことを堪能させて欲しく思うのは同感です。女の子の肌質感って、男性とはぜんぜん違うものだし、同じカラダでも、自分のとの違いとか、見たり、触ったり、嗅いだりとか、レズをもっと楽しまなきゃ損ですよね。(ワラ
ずれずれさんが、おっしゃりたいことは凄くよく分かります。前にも自分のブログで書いたかもですが・・・レズビアンのエッチは、前戯と後戯がない。始まりのキスから終わりのキスまで全部セックス。男性が挿入のための通過点に捉えているクンニや指マンも、ビアンにとっては、大事な大事なセックスなわけで。そういうのをおざなりされて、道具を使われると、それは、もう、レズのセックスじゃないんだよなぁ・・・って思っちゃう。
私も、道具類を全否定はしないけど、それなりの愛撫をしてから使う形にはして欲しいですよね。なんでもかんでも使うんじゃなく、時と場所を選んで欲しい。熱度が高く、ラブラブな感じで凄く雰囲気がよかったのに、決まりごとのようにお道具を使わされて盛り上がる映像を何度も見たように思います。
監督さん側に言わせれば、レズは、発射とかなくて、イキ方が地味だから派手な演出が欲しいってところなのでしょうかね。

「指」は、確かにレズビアンの命です。
私も、最近、よくお手入れしています。(笑)
性器にもなるし、愛撫する道具にもなる。手を繋いだり、ずっと、絡ませあいながらしていることもあります。そういえば、エッチしながら疲れていつのまにか寝ちゃって、朝まで、手を繋いでいたことがありましたっけ。(ニガ
指マンに限らず、手は愛情を表現する大切なものなんですよね。指舐めや手を繋ぎながらするとかもだけど、もっと表現方法として拘って使って欲しい。

長々となにが言いたいのかと言うと、「先輩と私」にお道具は似合わないということに同感です。私は、もちろん予約しましたが。
2008/07/02(水) 23:23:19 | URL | Hana #-[ 編集]
訂正。
>決まりごとのようにお道具を使わされて盛り上がる映像を・・・

・・・盛り下がるだった。Orz
盛り上ったら使ったほうがいいんじゃん!すみません。間違いました。
2008/07/02(水) 23:30:12 | URL | Hana #-[ 編集]
ずれずれさんは「必要性があれば道具も可」と寛大で気を遣われたようなコメントを
なされてますが、私の場合は道具全面不可の立場です。
セックスというものは、快楽追求の側面も多分にあるので、異性であろうが同性であろうが、各カップルの道具の有無は私の関知するところではございませんし、その人たちのセックスライフに意義を唱えるつもりもありません。
レズの歴史として、大昔の双頭ディルドウやらペニバンなるものは発掘されてますし、
女の子向けのオカズ本というキャッチで出版されたカーミラというレズ雑誌でも再三
大人のおもちゃを特集してましたので(正直幻滅しました)、全体比率は知りませんけど道具を使うレズの人もいるんだなという認識くらいは持っています。

ですが、そういった問題ではなく、「女性ってなんだかんだ膣にペニス状の物質を挿入しないと満足できないんですか?」とか「レズって結局道具に依存しなきゃならない程度の性愛なんですか?」くらいに男本位の一方的な認識・・・というか、レズ表現の美意識を破壊する存在くらいに思っています。一応、道具でなくても「ふたなり」って、ペニス出すこと自体レズじゃないよってのもあります。
ずれずれさんはプロレスを引き合いに出されておりましたが、私はプロレスファンではないので細かいことまで言及しませんけど、要するにプロレス独特の様式美に魅力を感じられるから、プロレスに愛着を持たれているのだと察します。形式にこだわらなければ総合格闘技なり他のジャンルはいくらでもあるはずですが、結局ご自身の琴線に触れるのはプロレスということだと思うのです。同様で男が出ない女性同士のセックス(ジャンルを問わない格闘技)という単純な志向ではなく、これは譲れないという一線(ずれずれさんののプロレス)を表現してこそのレズじゃないかなと思います。そこまで大げさじゃないよと思われたらすみません・・・・
なんだかんだ言いましても、私はレズ映像において道具はビジュアルを破壊する無粋なアイテムだなという感性が一番嫌悪する理由ですね。
2008/07/06(日) 21:43:15 | URL | 禁色 #Y8OzGqrU[ 編集]
Hanaさん
 コメント遅れまして申し訳ございませんでした。まさかいただけるなんて思っていませんでしたのですごくうれしいです。
 HanaさんとはHanaさんのブログにもコメントさせていただき、今更言うまでもなくなんですが、女性同士のエッチってSEXの最終到達地点の性器への接触行為なしでもギュッと抱きしめ合うだけ、身体の一部分を触れ合っているだけでも気持ちよくなれると思うんですよね。イク時でも一見身体だけでイッテいるようでも、精神的部分でイッテいるのが大きいのだと思います。

>レズビアンのエッチは、前戯と後戯がない。始まりのキスから終わりのキスまで全部セックス。
よくわかります。そうですよね。でも、男女間でも本来はそうあるべきなんですけどね。男の場合、悲しいかな、快楽は射精によって得られることがほとんどで、それを得たいがために挿入という手段をあわててしまうのでしょう。 安易に道具を使う、挿入という手段を使ってしまうのはHanaさん仰る「 レズのセックスじゃないんだよなぁ」というのは諸手を挙げて大賛同します。
 
 これまた現実は違うのかもしれませんが、大昔にレズ作品を見た際に、本物のレズビアンさんのタチは責めている相手の子が気持ちよくなってイッテいるのを見ているだけで自分も愛撫なしで気持ちよくなったり、イクことが出来るというのを見聞きした覚えがあります。男性で相手が気持ちよくなったりイクのを見ているだけで気持ちよくなったり、イッたりするていうことはほとんどないのではないでしょうか?

 結局は男と女がするのと同じこと、男の代替品は必要ないということでしょうね。

 でも、結局はアダルトビデオであり、ユーザー側も90%以上が男性ユーザーなのですからレズビアンの精神面などどうでもよく、見た目のエロがはっきりと判る映像を求めているのでしょうね。
 ドグマの「Lの世界へいらっしゃい」も多くの男性ユーザーにあまり芳しくない評価だったのもなんとなくうなずける気がします。
 AVもメーカーにとっての利益誘導商品ですから、売り上げ至上主義の波にのまれてしまうのも必然的なことなのでしょう。
 その現れが今回の「先輩と私」だったのかもしれません。

>女優さんは最初からストレート同士と思って見ています。そんな女の子たちが、レズプレイをして楽しんでいる姿や気持ちよくなっている姿をみて、興奮することがあります。これは、ビアン特有の男性とは違う目線なのかなとも思ったり。
私はさらに、初めての子がレズを経験することによって本物のビアンさんになってしまうことを望んでいたりもします。
 ナンパものでも一番求めているのはプレイ後の女の子達の「女の子のほうが気持ちいい」(女の子では決してありません)「はまりそう」などという発言なんですよね。
2008/07/08(火) 23:05:44 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
 禁色さん、相変わらずコメント遅れまして申しわけございません。

 いつもどっちつかずのような発言になって申し訳ありません。言葉足らずで語彙の貧困さを痛感しております。
 もちろん、私も道具は使用しない方が良いに決まっています。禁色さんのご意見に賛同するところです。道具容認と言っても「最悪使うにしても」ということで、例に挙げましたFA作品でも確かに使ってはいるんですが、使用中は二人がギュッと抱き合い、腰をぶつけ合うように激しく振っていて映像的には双頭バイブを使っているということを感じさせない画になっているところに興奮したわけです。

>「女性ってなんだかんだ膣にペニス状の物質を挿入しないと満足できないんですか?」とか「レズって結局道具に依存しなきゃならない程度の性愛なんですか?」くらいに男本位の一方的な認識
 確かに多くのユーザー、制作者にはそういった意識が深層にはあるかもしれません。
 私などのように「レズビアンのエッチ」を見たいという方なんてほんとうにごく少数で、DMMのレビューなんかを見てみますとやはり「女と女の絡み合い」という視点の方が90%以上を占めているような印象を持ちます。
 挿入するための道具であるバイブを使うかどうかはやはりビアンの方の男性との性経験の有無によると思っています。お名前を挙げて失礼かとは思いますが、Hanaさんのように最初から男性には性的興味は全く起こらない真のビアンの方々ならば男性器様のものを挿入なんていうことはあり得ないことでしょう。
 道具の「必要性」といった誤った使い方をしたものですから誤解されてしまったと思うのですが、
 AVで道具を使うのは当然のことながら男性経験の豊富な方が多いでしょうから、女性が女性を攻めて気持ちよくさせるということはその女性が相手に性的興奮を覚えない限り我々男性が想像する以上に困難なことなんでしょう。同性愛は本来自然の摂理的には少数であり、同性愛のSEXは精神面が大きく支配しているものだと思います。ですから、相手に対する慈しみが無い限り身体自体のみで感じるということはかなり困難なのでしょう。
 ここまでレズ作品に多くの女性が出ておられるので女性はレズに抵抗ないものだという男性の考えが支配してきているように感じていますが、男性自身が自分の立場を考えてみれば「男同士でエッチできますか」ということに行き着くんですよね。
 レズ作品に出ておられる方々はほぼ全てが普通に男性とのSEXによって快楽というものを開発されてきているのでしょうから、女性の手などの身体の部分だけで気持ちよくさせるのは難しいでしょうし、相当、レズに造詣の深い制作者でなければ指導もむずかしいでしょうから、比較的容易に気持ちよくさせることの出来る、または多くの男性ユーザーが求める派手なイキッぷりを誘導することが容易い道具を使うことは理解できなくもないのですが、やはり、それは制作者の「逃げ」でしかないですよね。

 道具の使用について色々理屈っぽく唱えてみたものの、道具使用するのは何故嫌なのかといえば、私は愛撫などでは「繊細な指の動き」が見たいからというのが最大の理由なんですけどね。ちなみに、私が女性の一番気になるところ、どこを見るかといえば手、指なんですね。


結論を言えばHanaさんも常々おっしゃられているように 「せっかくレズをしたんだったら、男女ものと同じことなんてさせないで、レズプレイにしか出来ないことを堪能させて欲しく思う」ということなんですよね。


 私には理論的且つ説得力のある説明はできませんが、私がプロレスを例に挙げたのはそんなに深い意味はなく、レズAVファンの中には私の周りを見ますとけっこうプロレスファンの方がいらっしゃいますので私の貧困な知識の中の一つで説明しやすいと思ったからなんですね。
 本来は己の肉体(身体)だけで勝負すべきものを肉体以外のものに頼ろうとするということが言いたかっただけで、プロレスというと「あれはエンタテイメントショーだから」という考えの方もいらっしゃるでしょうからプロレスとレズを結びつけてしまうことに抵抗のある方がいらっしゃるかもしれませんが、結局、世間がスポーツとして認めているであろうK1でもボクシングでも同じことだと思います。亀田大毅選手の問題でもまだまだプロボクサーとしては未熟であるにも拘わらず、ああいった大舞台に上げさせられ、勝ちたいという意識が先走り、ボクシングのテクニックだけでは太刀行かなくなってしまってああいう行動が思わず出てしまったという点ではショーであろうと真剣勝負であろうと同じことではないでしょうか。
 説明になっていないとは思いますが申しわけございませんでした。
2008/07/14(月) 00:29:42 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。