FC2ブログ
「先輩と私」 女の子に生まれ変わっても女の子が好き
「レズビアン」に憧れる目線での、レズAVレビューとコラム
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
U&Kのサイトにて
 旧作のセールが行われているようです。
 復刻版で900円、通常版で2000円ですのでこの機会にご検討どうでしょうか?
 5月30日までのようです。
 私はU&Kの宣伝マンではありませんが、多くの方に「先輩と私」の良さを知っていただきたくて紹介させていただきました。

 復刻版では品切れのものもあるようですが、VHS発売当時どれも評価の高かった作品でお薦めしたいです。
 特に、私的お薦めは10と26であり、当時多くの方が高評価だった23と28、そして当時巨乳女優として絶大な人気があった鈴木志帆さんの貴重なレズ単独作品である22などがお薦めですね。


 通常版ではそれぞれ見る方々によって趣味趣向の違いがありますので「これだ」という作品は挙げられませんが、30、40、50番台の作品は初めて「先輩と私」に触れようとされている方々、最近の作品しかご覧になっておられない方々にも見ていただきたい作品が多いですね。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
初めて見たのが23でした。パッケージでは「これ大丈夫かな?」みたいな印象でしたが、レズの展開とよく申し上げるフェチっぽさが絶妙で「大丈夫かな?」から「この監督わかってるな」に一変した作品でした。

鈴木志帆さんよかったですね。
当時はAV女優の知識もなく、誰だかわからず、個人的に巨乳さんはそれほど好きでなかったものの、ショートの髪型と顔に独特の魅力がありました。感じ方も凄く可愛くて、レズの撮り方も優れていたんですけど、鈴木志帆さんだから、良いシーンになったと思います。
それにしても、2ヶ月前にDMMでDVD買っちゃったんですよ。もっと待てれば・・・って、少し後悔しております。
2008/04/11(金) 03:16:15 | URL | 禁色 #u2cjEYPc[ 編集]
 いつもコメントありがとうございます。
 私も既に購入していた61に画像の乱れが生じたため買い直しでDMMで購入したところでした(T.T)今のところ旧作はDMMが最安値のようですし。

 23は今のニーズの大勢からすれば「温すぎる」ということになり、全裸にならないなど不満の嵐でしょうが、ソフト容認派の方にとりましては評価は高かったですね。

 22は私はむしろお相手の山田いづみさんが黒で眉毛も濃いめのキリッとした(対称的に鈴木さんはホワンとしたタイプ)優等生タイプでお気に入りでした。
 この山田さんも他社のレズ作品に多くご出演されていた方で、そのことが監督の作品の扱い方と共に、ほぼレズ作品にご出演経験のないと思われる鈴木さんをそうとは感じさせないほどの良質の作品に導いた結果となったのだと思っています。

 禁色さんがHanaさんのところでショートヘアについて語っておられましたが、私も黒髪ショートの採用を期待しているのですが、やはり仰っておられたとおりニーズからするとなかなか難しいのでしょうね。
 ちなみに、私はショートでも、角刈りとまでは行かなくても、中学生のバレーボール部の子くらいのショートが希望なのですが、更に難しいでしょうね(^_^;)
2008/04/11(金) 23:13:38 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
ずれずれさんもDMMで買っちゃいましたか。

なんとなく、全裸至上主義(少し言い過ぎかも)な空気を感じる昨今、ソフト=ヌルいって思われるのでしょうか?やはり。
私など、ハード=グロい、汚い、えげつないって思う性質なので、その点おあいこかもしれません。

言われてみれば、22の先輩の女性はリードに手馴れた様子でした。他にも数本出ていたのは勉強不足で知りませんでした。鈴木さんは、おそらく「先輩と私」だけでしょうね。まあ傑作に出たから好しとしますけど。

ずれずれさんの仰っるショートとはどれくらいの長さでしょう?私は田中美保(non-noのモデル)を挙げましたが、現在の彼女の長さもバレー部っぽいかな。
ショートの子もいた方が、リアル女子校生って感じが出ると思います(女子大生でもOLでもいいですが)。
AV女優だけでなく、芸能人も髪型って、本人ではなく事務所の意向で左右されそうですね。
2008/04/12(土) 02:41:38 | URL | 禁色 #Y8OzGqrU[ 編集]
情報ありがとうございます。DMMは少しまえまで先輩と私新作も安かったのですが値上げしてからは財布が厳しいですね。笑。

今日はNAOKOさん主催のレズオフ会です。行ってまいります。笑。
2008/04/12(土) 10:18:00 | URL | ベロ吉 #VZUwebqk[ 編集]
禁色様
 全裸至上主義に関しては私の場合、レズSEXメインの作品であればどちらかというと最後には全裸になって欲しい派なんですけどね。でも、やはり、早く脱いでしまうのには反対です。
 
>ハード=グロい、汚い、えげつない
 確かにそういった面も感じますね。それと、制作者側の「ハード」という意味の捉え方はやはり、あくまでも男目線ということが大前提になっているのでしょうね。「レズのエッチ」を表現するのではなく、「男を女に変えた」絡みを展開するというように。
 異物を激しく挿入、指マンなど膣をかき回し、絶叫のような喘ぎ声を出し、最後には激しい表情や潮吹きなどを見せて「イカせる」など、見た目の派手さを重視する傾向にあるような気がします。

 私の求める「ハード」とは、イってもイっても更に求めに行くとか、相手の責めに任せて快楽の波に乗るのではなく、ぶつけあうように激しく腰を振って自ら快楽を求めに行くというものであり、このような絡みに「エロ」を感じます。
 シリーズ13はこのようなハードな絡みが見ることが出来るのでこれもお薦めの作品です。
 どう表現していいのか判らず拙い表現になったかもしれませんがニュアンスはおわかりいただけたでしょうか?いつも伝わりにくい書き方で申し訳ございません。

 
 髪の長さに関してはわかりやすい例で申せば上戸彩さんくらいでしょうか?
 次回のLADY x LADY新作「ドリームレズ学園 THE ハーレム」に出ているショートの子も美巨乳で良い感じなのですが、私は「森川流舐め方」が大の苦手で避けてしまいます。
 新作でショートの子が出てくるというだけでテンションが上がってしまう私です。
 
 禁色さんの挙げられた田中美保さん、上戸彩さん、堀北真希さんなど、有名女優、タレントにショートの子が増えているのですからAV界でも出てきて欲しいですね。
2008/04/15(火) 00:25:52 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
ベロ吉様
 オフ会レポート読ませていただきまして、つくづく参加すればよかったなと後悔しております。猛牛さんは新年会の参加の問い合わせいただいていましたのでお会いしたかったです。お電話もしていただいたようで、出られず申し訳ありませんでした。

 DMMは高くなったと言っても旧作も購入しやすく、それでもまだ安価ということで仕方ないですね。どこも3千円前後のようですし。新作の場合は発売前予約で最安値のベストチョイスさんを利用させてもらっています。

 今度の日本橋ツアー楽しみにしております。よろしくお願いいたします。
2008/04/15(火) 00:39:32 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
要するにお互いの情熱度を描写した絡み合いですね。作り手の人達も、さすがにそういった概念はスッポリ抜けてるんでしょうから、男目線とか、女性が男の替わりにやってると見られる所以の一つでしょう。

LADYのパッケージは私も見ました。
あの女の子のショート具合も可愛くて、「ずれずれさんの言ってるのは、このくらいの長さかな」とか思ってました。監督までチェックしませんでしたけど、森川さんなんですか?それじゃちょっと・・・という以前に、いかにもSODな企画物テイストの安っぽさがパッケージから見て取れたので、興味の対象から外しました。

上戸彩はロングにしてた時期もありましたが、ショートの方が全然可愛いですよね。
掘北真希は元から好きなタイプでしたけど、ショートにしたときは惚れ直しました。
必須とはいいませんが、レズでもちょくちょくショートの子は見たいものです。どちらかと言えば受身の設定で。
2008/04/15(火) 06:20:12 | URL | 禁色 #Y8OzGqrU[ 編集]
 LADYの作品は一応、監督名がRIKACHANG(♀)という女性監督になっているようですが、もっぱら森川監督といううわさですし、見てみればなるほど、舐めプレイでは典型的な森川流の舌をベロンと剥きだし、下から上へベロンと舐め上げる舐め方一辺倒のようですから。 この舐め方が舐めの方法のバリエーションの一つだったら良いのですけど、こればかりですし、これは私だけが感じるのかもしれないですけど、画面から全く気持ち良さが伝わってこないですし、あまりにもこればかりなのでイライラしてきます。
 確かに道具は一切使わないというポリシーは評価できますし、不満を覚える作品が多い中、カメラワーク他、舐め以外のプレイに関しては評価出来る部分も多いのですけれど、この舐めだけはどうしても拒絶反応を起こしてしまいます。

 ショートヘアーに関して、私はもちろん、アイドルフェイスの女性も好きなのですけど、これまた他の方々の好みとは異質かもしれないですけど、少年顔の女性も好きなんですよね。そういうボーイッシュ系の女の子が受け身の作品があれば嬉しく思います。

 また、上戸彩さんといえば「先輩と私」76のさくらりこさんが上戸さんに似ているように思ったのですが(あまり話題になりませんでしたが)、その時、あのヘアスタイルで後ろ髪が短ければ良いのになと思っていました。
2008/04/16(水) 23:02:16 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
RIKACHANG(♀)=森川さんという噂は私も読んでましたけど、それ以前にも、その監督名で見た商品のパッケージとサンプル映像見ても、これはちょっと・・・でございました。
あの人の手法は、舌を誇張して見せ付けるだけで、その舌の動きは決して繊細でもないし(この部分が気持ちよさそうか否かになります)、それ以外の絡みの部分も定型通りだと思います。正直、カメラワークとアングルも私はあまり上手いと思いません。

いやいや、私も少年っぽさのある女の子は好きですよ。もちろん、女の子女の子した子も好きですが。ボーイッシュも若い女の子に許された魅力ではないでしょうか。でもって、
ボーイッシュの子が受身で女の子であることに戸惑いと自覚を持ったときなんて、最高のシチュエーションです。

さくらりこさん、上戸彩に似てます。
作品的に頑張ってれば良かったのですが、
ちょっと残念ですね。
2008/04/17(木) 01:05:31 | URL | 禁色 #Y8OzGqrU[ 編集]
 ショートヘアの女の子はAVにおいてはあまり需要がないと言う印象もありますが、一般には「萌え要素」としては潜在需要は実はけっこうあるのではないかと思っています。
 と言いますのも、以前もお話しし、ご承知のこととは思いますが、私、アイドルファンでもありまして、某アイドルグループ(隠しても仕方ないですね(^_^;)モーニング娘。)
においても、ロングからショートにした女の子が以降、人気が急上昇したと言う例もありますし、この子がショートにしたらどうだろうというコラージュが作られるということもよくあります。
 ですから上戸彩さん、堀北真希さん、今回のドラマでの上野樹里さんなど、トップクラスの若手女優さん達がショートにされ、それに対して「あ、いいな」と思う人が結構いると思いますし、レズ作品にどんどん出してくれてもそれに対して拒否反応はそれ程ないのではないかと思います。

 今回ブログを行うに当たって「先輩と私」の過去作品を見直す機会が増えましたが、私の趣味におけるAVの占める割合はあまり多くありませんので、レズ作品を見るのはこの「先輩と私」シリーズとアウダースの「DOKIレズ」と、お気に入りの女優さんが出ておられる時の「禁断シリーズ」だけでよいような気持ちになってきつつあります。
2008/04/17(木) 23:29:25 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
ショートの女の子が好きな人って潜在的には
いると、私も感じてます。それでも、こう言っては失礼ですが、AV作る人の感性ってベタで分かりやすすぎだったり、妙ちきりんな世界観を構築するのが大部分なので、ショートの子がもっと出るようになるのは先のことにも思えます。

あまりお好きではないかもしれませんが、数年前に結構出ていた加山由衣さんなんて、デビュー時は、ショートがよく似合う子で好きでした。売れてきて少し髪を伸ばしたときは、モー娘。っぽいアイドル顔だと思ったんですがダメですか?
モー娘。は、メンバーの入れ替わりが多くて、私は数年前からわからなくなったのですが、ショートにして人気が出たって、吉澤ひとみさんでしょうか?最初はそんなにロングでもなかったかなぁ。

私も自分の趣味範囲でAVが占める割合は多くありません。おそらく少ないくらいです。好きなもの追求する過程において、自分が理想とするレズに合致したものを選別して購入・鑑賞するわけですから、別にAVのコレクターになる必要もないですし、過去から少し前まで意にそぐわないAVにお金を費やしてきた自分の経験もありますので、ずれずれさんのお気持ちは当然のことだと思います。
でも、応援したくなるシリーズが幾つかあるずれずれさんが羨ましいです。
シリーズという視点で言ったら、私なんて「先輩と私」しかありませんから。
とか言って、昨日「GALと女子校生(3)」買っちゃったんですけど・・・怒っちゃいます?
2008/04/18(金) 06:59:26 | URL | 禁色 #Y8OzGqrU[ 編集]
 LADYの柔道ものの作品なんか特にショートの子を出してしかるべきだったと思うんですけどね。企画系女優さんも出しているようですし。
 やはり、柔道と言えばせいぜいヤワラちゃんのイメージまでなんでしょうね。

 モーニング娘。に関してはちょっと私の言葉足らずで申し訳なかったのですが、ボーイッシュなショートではない意味で挙げていました。
 でも、元々吉澤ひとみさんも入った頃は髪も長めで、加入の決め手がつんく♂氏曰く、「天才的にカワイイ」という理由だったんですよね。
 それからボーイッシュ系に変わって以降は女性のファンも増えたようです。
 私も男性としてはそう好みではなかったのですが、私の内面的女性部分では「いいなぁv-238カッケーv-238」という感情はありました。もし、私が女性だったらきっと惚れていただろうなと。
 ちょっと、レズとモーニング娘。の関連性について述べてみたいことがありますのでまた、本文として提示してみたいのですがどうでしょうか?

 加山由衣さん、大変失礼なことなんですが、私はどんなに可愛い子でも顔に大きなほくろのある子はちょっと苦手なんですが、たしかに美形ですし、出演作の50は好きな作品の上位にあります。
 
 「GALと女子校生(3)」、私もなにか惹きつけられますね。
 GALというとどうしてもどぎついネールアートのスカルプチャをしているというイメージで今まで避けていました。
 ジャケットを見ると私の好きな立ち膝で向かい合って抱き合っているというシーンも気になります。
 オナニーシーンの採用にはどうも批判が集中しがちのようですが、私は好きですし、そのシーンも気になりますね。
 禁色さんの購入の決め手はなにか教えていただければありがたいです。
2008/04/19(土) 01:17:15 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
モーニング娘。の女の子の髪型はボブ~ショートボブくらいの長さという印象です。
吉澤ひとみさん、卒業されましたが、あらためて振り返りますと加入時は相当昔だったことに気付きました。モー娘。のライブビデオ(おそらく武道館)を借りて「この子、スタイルも良くて可愛い」なんて思ったのは、自分もまあまあ若かったときです。
私は芸能人に魅力を感じる際、自分として男性の部分なのか、女性の部分で惹かれるのか
自己判断がつかないです。手っ取り早いのは「○○って可愛いくない?」って、男女別に聞くことですが、こういう場合、男女で好みが分かれたりするのが面白いです。
それにしても、ボーイッシュな女の子が好きなのは、やっぱり女性的な感性でしょうかね?
あくまで自分の交流範囲で聞いた限りなので確実性は置いといても、自分と年齢が近い男性ではボーイッシュ好きというのは少ない気がします。
モーニング娘。はニュアンスとファン層に相違点はあるものの、ある種の現代の宝塚のような幻想を抱かせるアイドルでもあると思いますので、文章が構築されました際には是非拝読させていただきます。

GALと女子校生(3)は、演出面の温度差がイマイチという感じで、もし演技面でもツボに来るような台詞があったら印象が良くなったとは思いました。そういった意味では、一作目のチャプター(1)は、大人しそうな女子校生の愛撫が巧みでねっとりして、その態度もおねだりと言葉責めがいい感じで混ざって、受け手のGALも恥らいながら身体を晒していく演技(素にみえました)が上手いと思いました。これらの要素は女優さんの力量でしょう。
今回のオナニーは、携帯でお互いにテレフォンセックスという設定でしたが、ほとんど台詞が無かったのが残念に思いました。レズAVという前提でオナニーの名シーンを構築するのは、作り手のセンスが本当の意味で問われると思います。なにせ女性が女性を想って一人エッチするシチュエーションを映像で表現しなければならないのですから。私もどちらかと言えばレズでオナニーは回避的な見解なのですが、原因は、これといったオナニーシーンが少ないという理由になります。ただ、GALと女子校生の一作目のチャプター(2)にオナニーがありまして、そのシチュエーションと演技は結構好きでした。オナニーにローターを使用した点は気になりましたが・・・今回、立ち膝で向かい合ってるシーンはありましたけど短いですよ。二人とも着衣のままで相手の胸を舐めていました。

私がレズAVを買ったり借りたりするチェック事項は道具使用の有無と含有率が最初に思いつきます。
パッケージの裏面の写真を見れば道具含有率って判断できますよね。もちろん、含有率が高くなると対象外になります。次に自分の好きなポージングがあるかどうか、ずれずれさんの立ち膝のような拘りですかね。私は四つん這いだったり、後ろから愛撫している描写が好きです。Hanaさん同様マングリも好きです。
また、着衣のエッチもポイントになります。着衣と言っても、シルヴィアさんみたいな服飾センスは論外なのですが。しかし、そこまで神経質に選んでも実際見てみないと何とも言えません。
女優さんのルックス、演技力、スタッフの撮影技術と演出手腕にかかってきますし。何といっても、AV
よりも先にレズ的なマインドが重要ですね。
2008/04/19(土) 08:23:40 | URL | 禁色 #Y8OzGqrU[ 編集]
 禁色さん「GALと女子校生(3)」の感想、購入ポイントのご説明ありがとうございます。
 
 オナニーに関してはテレホンセックスという設定でセリフが少ないというのはあまり意味をなさないような気がしますね。それならお互いを思いながらオナニーをするという方がよいのですがそちらのほうは禁色さんの仰るとおり演出が難しいのでしょうね。

 道具の使用の有無は私も第一ですね。
 オナニーにおけるテレホンセックスという設定、Hanaさんのところでもコメントさせていただきましたが、女教師役におけるメガネ使用、そして、道具の使用、いずれもとりあえずそういう設定をしておけば細かな演出を付けずとも、なんとかその場は持つのではないかという意識が制作者に潜在的にあるのではないでしょうか。

>AV よりも先にレズ的なマインドが重要ですね。
多くの道具使用の多い作品に最も欠けているのがこれなのではないかと私は思っています。
これについてもまた本文で述べてみたいと思っています。
2008/04/25(金) 23:37:48 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
どーも。初めて書きこみさせていただきます。
大手レビュアーのブログで芳名お見かけし、なにより「U&K・レズもの会議」に出席された(超うらやましい)お方と、一方的に存じ上げてます。

わたしのようなレズAV鑑賞の新参にとりまして、ついに80作の大台を記録した長寿シリーズは「いったいどこから観ていけばいいの?」状態でして、どれか作品を選びとるというのが今でもなかなかできずにいます。

先週よりこちらのコンテンツを詳しく読ませていただき、お勧めとして挙げていらした巻を参考にしながら、セール価格の復刻版を買ってみました。
……いいです。とてもいい! 女優さん二人がどこまでも求め合う姿やキスの自然さが実に好みです。

「観るべきは先輩と私のみ」の心境が、新参のわたしにもいくらか理解できた気がします。
派手さや過激さを求める向きには「ヌルい」の一語に云われましょうが、我らにとってはまさに適温。全然ヌルいことなんかなくて、女優さんたちの百合っぷりに心はポカポカ、二人互いに熱く求め合ったりしてくれたらもう観てるこちらの心身までアツアツにさせられちゃいます。
ヌルさ熱さは人による。我らは我らが好む「熱き」湯を求めて。それをヌルいと云わば云え。
……書きこみ早々の長文、ご容赦ください。それではまた。

追伸:
レズもの達人のお二かた(ずれずれさんと禁色さん)のコメントのやりとりがとてもためになり、参考にさせていただいてます。
2008/05/25(日) 19:32:39 | URL | 新参者 #Zn1sZihE[ 編集]
ありがとうございます
 新参者様、コメントありがとうございます。このように更新もほとんどなく、訪問していただいた方々にはなかば呆れてしまわれているのではないかと思っている中、新しくコメントいただける方の出現は大変ありがたく、感謝感激雨あられでございます(ToT)m(_ _)m
長文コメントも大歓迎です。ありがとうございます。これからも新参者さんからのコメント楽しみにしています。

U&Kさんの会合参加の目的はもちろん多くのファンの方のご意見を聞きたかったというのもありますが、一番知りたかった事がメーカーさん、制作者の方が真に「レズ作品」に対して愛情を持っておられるかということだったんですね。今の多くのレズ作品が「本当にレズ作品に対して愛情、情熱をもってつくられているのか」疑問を持ってしまう作品も少なくないと感じていますので。
 発売されている作品からはU&Kさんにはもちろんそういった心配はないとは思っていましたが、参加して、そういった考えが決定づけられる事になり安心しました。担当者の方は私達と同じように入社以前からのレズファンであり、何よりも嬉しい事に、社長さん自体がレズファンであり、更に私達道具否定派にとっては心強い道具否定派(さすがにレズ制作メーカーとして道具好きな方々にも配慮して作品は発売しないわけにはいかないでしょうが)という事もお聞きできたのが非常に大きな収穫でした。


 レズ作品に「ヌルい」とお感じになられている方々の多くは最近レズ作品を見るようになられた方なのではないかと思っています。
 私や禁色さんのようにレズ作品がほとんど無かった時代を経験している者にとっては今の毎月レズ作品が出ない月がないという状況は年寄り臭い言い方をすれば「若い者は贅沢になりすぎだ」ということになってしまうのですよね。
 今はAVアイドルといわれる多くのモデルさんもレズ作品に出ていただいておりますが、ほんの5,6年前まではモデルさんのNG項目の中に「レズ」が入っていたくらいなのですから。
 そしてレズ作品にはまったきっかけが、オールドレズファンの方々の多くが映画の「エマニエル夫人」や日活ロマンポルノでの「百合族」の中の本当にソフトなきれいなレズシーンや、20年近く前のアダルトビデオ普及創生期のごく限られたレズ作品(イメージシーンの延長線のような絡み)からであるように今とは比べものにならない状況を経験しているだけに、ハードなレズ作品ももちろんありがたく見ているわけですが、ソフトモノも受け容れやすくなっているからだと思います。
 私はレズ作品に対してまず「愛」ありきと思っているのですが、詳しくは本文で「私のレズ作品に求めるもの」でも述べたいと思っていますのでよろしければご拝読くださいませ。

 作品レビューをお待ちいただいている多くの皆様には大変申し訳ないブログの状況なのですが、これからもどうかよろしくお願いいたします。
2008/05/26(月) 17:58:45 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
更新頻度
気にされている(とおぼしき)ブログ更新頻度につきまして。
じっくり文章を練られるかたとお見受けしてまして、記事更新一回分の密度(充実度)が高いなー…とは、はた目からの率直な感想です。

コンテンツを閲覧する側として(ずれずれさんの想い綴られるのを追いかけるほうとして)は、今くらいの更新頻度でこそ、お考えとされるところを知り得やすかったりします。
また、充実した本文記事にはコメントもよく届き、(情報発信側と受け手側の) 話者間の意思疎通や相互理解の助けにもなって良いことだと思います。お互いじっくり吟味できる、と申せましょうか。

書式はブログでも、コンテンツは日記にあらず。…とくれば、今くらいの更新でオッケー。なんて言いきってみたり。新参者の個人的所感です。
2008/05/27(火) 21:11:51 | URL | 新参者 #Zn1sZihE[ 編集]
 新参者さん、暖かいお言葉ありがとうございます。そう言っていただけると気も楽になります。とは言うものの、レビューもしなければと思いつつ、あまりにも感覚が開いてしまうのも問題であるなとは思っております。

 実はずいぶんと前から、「先輩と私」を後世に残したいと思い、資料としてのレビューサイトを作りたいとは思っていました。
 レズサイトの大先輩からはある程度レビュー記事を作成してからブログを始めたほうが良いというアドバイスをいただいていたのですが、自分にプレッシャーを与えるつもりであちこちでブログ始めますと宣言してしまったのですが、元来の不精癖も改まるはずもなくちょっと見切り発車的に始めることになってしまいました。
 レビューをやってみると手間と文才が必要だなということをいたく実感しましたのでこの有様なのですが、ありがたい事に禁色さんや新参者さんからコメントいただき、このように私と同じような考えをお持ちの方々とコメント欄で会話できることができましたので早く開設した事は非常に有意義なことであったなと思っています。
 
 今後もアドバイス等よろしくお願いいたします。
 
2008/05/27(火) 22:00:44 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
やっぱ愛っす!!
お久しぶりでございます~
U&Kさんの会合ではひとかたならぬお世話になりました~ケイでございます~m(__)m

私めも新参者さんのご意見に賛成ですっ(^o^)/

記事内容がまとまり、かつ読みやすい文章は、ずれずれさんの熟考の賜物だと思います。
でもって、ずれずれさんの柔らかい口調にはお人柄が出ていて私は好きだなあ~なァんて♪v(^o^)v♪

大丈夫っす!!
ゆっくり楽しんで書いて下さいませ~
私もボチボチでついてゆきます!!
あんまり書き込みしてないんですけど…ゴメンナタイ。
(~て言いたかったのはこれかっ私!?)

もといっ(/--)/
とりあえずまったりと楽しみにしておりますので♪

ではまたお邪魔します!
~帰宅途中の電車にて。
失礼しました~\(__)
2008/05/27(火) 23:27:52 | URL | ケイ #-[ 編集]
 ケイさんもありがとうございます。
 あまり良いといわれると次回からの記事、下手なものはお見せできないとかえってプレッシャーに感じもしますが(;^_^A
 
 これからももしおかしいと思われるところがありましたらご遠慮なくご指摘くださいませ(^_^;)よろしくお願いいたします。
2008/05/28(水) 22:12:33 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
どうも。新参者あらため、冷風です。少々わたしのレズAV鑑賞歴を紹介させてください。
レズAVを観はじめて2年。新参レベルは卒業できたのかなー、と思うのですが、ラブラブレズ以外の分野はほぼ未開拓でして、伝説の三上翔子・立花里子出演作さえ未見なのですから、半人前のレズファンを自覚せねばなりません。
…では以降、敢えて苦手のジャンルにも挑戦して(観て)いくのか。そう問われれば、どうにも言葉に窮してしまいます。エステ・痴漢などのシチュエーションものや演技過剰なドラマもの、そしてSMなど主従関係を強いるレズ作品等々は、ずっとずーっと乗り越えられない気もしています。

さて本題。わたしの「先輩と私」との出会いは第77巻です。
レズもの太郎さん筆のレビュー記事に魅かれて購入し、すっかりとりこにされました。その後しばらく、シリーズ・ラインナップ作品との接点を持たなかったのですが、先日よりずれずれさんのブログへ寄らせていただき、達人筆の記事に得ました情報より、復刻版の10・13・26を遅まきながら手にしました。さすが厳選復刻されるだけはある、魅惑のラブラブっぷりに納得。
そうしてそして。達人も特段におすすめしていらした第53巻・第58巻を購入。…したのはいいのですが、ビニルパックを開けるのがいささかためらわれました。なんたって達人の良作評定作品です。不肖・冷風が、ベストレズAVと心に秘めてる第77巻を、遙かに上回るラブラブレズが今から観る作品で展開されたとしたら、「りこさん・まおさん」ファンとしてちょっと寂しい。
意を決して53を鑑賞。ラブラブ感あふれ、プレイのバリエーションの豊かさにも感嘆。そしてエンドクレジットに達人のお名前を見てまた驚嘆。
58の方では、中盤(第2チャプター)まで観終えたところで「あぁ、(第77巻を) 超えてるかもしれない」と、喜ばしくも少しく残念な、摩訶複雑な心持ち。

いやはや、53と58は強敵でした。敵じゃあないんだけど、ホントに77に肉迫する素晴らしさでした。(りこ・まおファンとして、ほっと胸をなでおろしたのはこの際伏せといて…)
実のところ、第53巻・第58巻ともに、わたしのレズAVベストファイブ内にぴたっと順位づけされました。58の「つかっち・リン」ペアが堂々3位にランク!

長文、どうぞお許しのほど。
80余作の長寿シリーズをつぶさに覧てこられた達人にとって、このたびの道具使用問題の大きさは如何ほどだろうかと、いまだレズファン半人前の冷風には恐れ多くも計り知れない、軽口はばかるところです。
2008/08/23(土) 23:38:43 | URL | 冷風 #Zn1sZihE[ 編集]
 冷風さん、あらためましてよろしくお願いいたします。コメントありがとうございます。

 私はラブラブレズこそレズの本道であると思っていますので、そこに愛が存在しない作品は「レズ」とは言えないんじゃないかと最近考えるようになりました。
 あまりにも多くのレズ作品が出るようになって「これってただ男が出ていないだけの作品であってレズとは言えないんじゃなの?」と疑問符のつく作品も多くなりましたから。
 あとは、矛楯するかもしれませんが,レズナンパもので道具を一切使わないノンケの子をレズに引き込ませる作品、最初は消極的だった子が徐々にのめり込んでいき、最後のインタビューで「男より女の子の方が良い」とか、「レズにはまりそう」という答えを引き出すような作品にも興味を引きます。

 また、私はレズ作品の少なかった時代を通り、まだモザイクも濃かった時代でしたから今のように性器の描写もそれほど重要視されていませんでしたから、今でもそれほどそこの描写は望んではいませんし、必ずイッた様を派手に見せなければならないということも必ずしも望んでいませんから最近レズ作品をご覧になられた方よりも要求度は低いような気がします。

 そんな中で最も私の要求に叶ったレズ作品がこの「先輩と私」だったんですよね。私が旧作をお薦めしますと言いましても、おそらくHanaさん、レズもの太郎さんにはもしかしたらレズのSEX描写に関してはあまり要望に叶ったシリーズでは無いかもしれません。ラブラブ部分、道具を使わない部分に関してはピッタリなものだとは思いますが。


 53に関しましてはなんと言っても紗月結花さんのご出演ですね。私達老兵が昔、AVアイドルというものが出てきた時に感じた「えっ!こんな子がAVに?」、今や可愛い子は当たり前で、むしろヘタなアイドルよりも可愛い子が出てきていてむしろ昔のようなときめきが無くなってきたように思いますが、そんななか、この紗月結花さんはまさにそれを地でいく優等生っぽい清楚な感じがして出演者が発表された時点から楽しみにしていました。

 冒頭の森の中での紗月さんのオナニーシーンでは紗月さんの脚に蚊が止まったりしてなんか気になってしまいましたね(^_^;)
 お風呂場のシーンではとかく批判が起こりがちなオナニーには興奮しましたね。あと、紗月さんのレオタードの股間部分の染みには興奮し、感動すら覚えました。
 この作品は桜このみさんもレズが本当にお好きということが感じられて満足のいく作品でした。


 58は私の好きなメガネッ娘の採用(31、33でも採用されたものの、かけている時間が凄く短かったので非常に残念に思っていましたが、今度は1チャプ丸々と、2チャプ最初まで)で嬉しかったものですが、ただ、私の好みはメタルフレームなのでその点は少々残念に思いました。贅沢は言えないのですけどね(^_^;)しかも、今井つかささんはメガネを外された時に目を細めて鏡を見ていることから察するにリアルメガネッ娘のようでそれにも感動しましたね(^-^)v
 
 私のこの作品で最もお気に入りのシーンは、もちろん2チャプの全裸になってからの向かい合っての相互手マンもですけど、それよりも遊佐倫子さんが今井さんに色々なコスプレに着替えさせるところでしたね(^_^)。今井さんのじたばたしながら照れ笑いしているところなんて演技を超えた素を見ることが出来て非常に微笑ましく、また何度も見返すくらい萌え~なシーンでした。ここは「先輩と私」の真骨頂であり、歴代ベスト5に入るほどのお気に入りシーンです。

長文コメント大歓迎ですのでまたよろしくお願いいたしますねm(_ _)m  
2008/08/27(水) 00:24:16 | URL | ずれずれ #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。